活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2018年04月05日活動記録

総務委員会で質疑(3/29)






総務委員会で質疑に立ちました。

国会承認事項であるNHK予算案についてです。

初当選以来、一貫して総務委員会に所属させて
いただいていますが、総務委員会での初めての
質疑がNHK予算案であったこと、2期目に当選
させていただいた直後の予算案審議が前会長の
下で大混乱したことなど、思い入れが特に深い
かもしれません。

NHK前会長の下で、全会一致のNHK予算案承認が
崩れ続けましたが、昨年、新会長の下でようやく
全会一致の原則に戻りました。

新会長体制の下で2回目となる予算案審議では、
次期経営計画も提示されました。その最初の項目に
掲げられたのが、「公共放送から公共メディアへの
進化」です。

そこで、公共放送と公共メディアの違い等について
会長に見解を質すとともに、現会長が経営委員、かつ
監査委員だったときに受信料値下げが議論された際の
状況と当時の発言との整合性について確認しました。

さらに、受信料徴収現場の実態について把握しているかを
問い、昨年の最高裁判決時のNHKコメントも引用しながら、
トラブルが頻発すれば、契約・収納活動の信頼性が揺らぎ、
受信料制度そのものへの国民・視聴者の不信を招きかねない
ことなどを指摘しました。

〇平成30年度NHK予算案(質疑項目)

1.NHK次期経営計画[NHK会長]
・公共放送と公共メディアの違い
・「公共」についての見解と公共放送としての社会的使命
・公共放送が提供すべきインターネットサービス
・本来業務発言と放送法、立法府との関係
・受信料制度との整合性とその在り方

2.平成29年度予算案における受信料を巡る対応[NHK会長]
・平成28年11月の受信料引き下げ提案を巡る混乱
・監査委員として発言した内容との整合性

3.受信料徴収の在り方[NHK会長]
・受信料徴収の現場の実態に対する見解
・受信料最高裁判決と受信料制度の意義

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー