総務委員会で質疑予定(11/24)

総務委員会で質疑に立つ予定です。

日 時 : 11月24日(火) 10時00分~10時50分(予定)
議 題 : 行政制度、地方行財政、選挙、消防、情報通信及び郵政事業等に関する調査
※参議院インターネット審議中継でご覧いただけます。

参議院総務委員会は、総務大臣の所信的挨拶を聴取し、これに対する質疑が終わったところですが、急遽、一般質疑が入ることとなり、「突然」ですが予期せぬ質疑の機会をいただくことになりました。

「突然」の質疑となりましたので、これまで国会で質疑を重ねてきた内容について、その後の対応状況等を質問の中心に据えることとしました。

私は厚労省の毎勤統計不正発覚前の2016年末に発覚した経済産業省の統計不正以降、統計等データの在り方を取り上げ、財務省の公文書改ざんが発覚する前から公文書管理の在り方等についても取り上げてきましたので、行政の信頼確保という観点で統計等データや公文書の在り方を質疑します。

特に、新型コロナウイルス感染拡大期にある今だからこそ、感染者数や統計等データ等、正確な状況把握が必要との思いで質疑に立ちたいと思います。

[質疑予定項目(案)]

1.厚労省の統計事案(児童虐待に係る統計関係)
→同じ統計を厚労省と最高裁でとっていながら乖離が生じていることについての原因と対応状況

2019年4月5日:児童福祉法28条事件に係る保護者指導勧告の統計に関する質問主意書
2019年4月18日:児童福祉法28条事件に係る保護者指導勧告の統計に関する再質問主意書

2.総務省消防庁の統計事案(防災行政無線の整備率の在り方)
→10年以上定期的に確認している防災行政無線の整備率の計上内容の変遷

2020年8月26日:災害対策特別委員会で発覚した疑問点の確認

3.内閣府令の誤り
→幼児教育・保育の無償化に係る内閣府令(2019年5月31日公布)に96か所の誤り

2019年10月4日:幼児教育・保育の無償化に係る内閣府令の誤りに関する質問主意書
2019年10月18日:幼児教育・保育の無償化に係る内閣府令の誤りに関する再質問主意書
2019年10月31日:幼児教育・保育の無償化に係る内閣府令の誤りに関する第三回質問主意書
2019年11月25日:行政監視委員会で対応状況を質し、その後の経過と再発防止策を今回質す

4.公文書管理の在り方
→検察庁法改正案や法解釈変更等に係る記録関連

2020年3月9日:予算委員会
2020年6月5日:本会議

2020年06月05日12時34分 時事通信
経緯文書「整理に時間」 検事長定年延長の解釈変更―法相
森法相は5日の参院本会議で、黒川弘務前東京高検検事長の定年延長を可能とした法解釈変更の経緯を記した文書の作成が遅れていることに関し、「関係省庁とやりとりをした文書などの整理に時間を要している。現時点で時期を特定することは困難だが、可及的速やかに作成したい」と釈明した。立憲民主党の吉川沙織氏への答弁。

5.行政の信頼性確保の在り方