北海道地震災害対策本部

9月6日未明の北海道胆振東部地震。

その時、北海道は帯広にいました。
大きな揺れを感じたと同時に停電。

停電になるとエレベーターも使えませんし、信号機も
停止してしまいます。また、TVも使えませんから情報
収集の手段は限られます。TVの内容をNHKや民放が
ネットでも流していたようですが、電池残量が気になって
スマホで動画を見ようという気にはなれません。

明け方になるにつれ、被害状況が明らかになりました。
お亡くなりになられた方にお悔やみと被災された方にお見舞いを申し上げます。

私は、帯広の先輩方にお世話になり、当日、帰京する
ことができましたが、高校3年時の阪神淡路以来の
大きな揺れに遭遇し、多くの課題を改めて感じました。

帰京後は、北海道地震災害対策本部に出席し、状況の
確認を行うとともに、9月11日には、参議院災害対策
特別委員会で理事懇談会を開き、政府から説明を聴取し、
質疑を行う予定です。