国際女性デー中央集会

国際女性デー中央集会に今年も参加しました。

「国際女性デー」の3月8日、男女平等や、男女間の賃金格差の是正などを求めるために行っていますが、現状はなかなか厳しいです。

現政権は2014年に「女性活躍」を看板政策に掲げたはずですが、世界男女平等ランキングはG7で断トツの最下位。

また、国際労働機関が2018年に世界の管理職に占める女性の割合が27.1%であることを3月7日に発表しましたが、ここでも日本はG7で最下位です。

12年前の初めての選挙の際に「女性と政治」というコラムを書きましたが、当時と今、よくなっているどころかその反対です。

現政権の看板政策はどこへ行ったのやら・・。
これについては、これまでの取り組みと併せた形で近々問題提起する予定です。