災害対策特別委員会 議事録(2012年3月23日)

○吉川沙織君

民主党の吉川沙織でございます。
今日もどうぞよろしくお願いいたします。

先ほどの参議院本会議におきまして、
「北朝鮮による「人工衛星」の打ち上げ
発表に抗議し強く自制を求める決議」が
全会一致でなされたばかりでございますが、
本件に関する政府の認識と対応について
お伺いしたいと思います。

北朝鮮からの弾道ミサイルの発射事案に
つきましては3年前の2009年4月5日にも
あったところでありますが、その際もミサイルの
発射前後に当委員会やほかの委員会で、
国民に対する情報伝達の在り方という観点から
指摘をさせていただいております。

2007年2月から総務省消防庁により全国
瞬時警報システム、Jアラートというものが
運用されています。

これは弾道ミサイル情報や緊急地震速報、
対処に時間的余裕のない事態に関する
緊急情報を国から住民の皆さんまで瞬時に
伝達することができるシステムでありますことから、
3年前の事案のときにもこれは是非使うべき
ではないかという立場から質疑を何度もさせて
いただきましたが、結局、上空を通過するところで
整備が進んでおらず、使用されるに至りませんでした。

しかし、3年前の質疑の後、このときの反省を
踏まえたJアラートの全国一斉整備費が
措置され、整備や高度化が進んでいます。

今回の事案におきましては、国民の皆様、
住民の皆様に対する情報伝達手段の一つ
としてJアラートを使用すべきと考えますが、
内閣官房副長官の御見解をお伺いいたします。

○内閣官房副長官(長浜博行君

委員の御指摘のとおり、今日の昼の
参議院本会議で決議がなされたところでございます。

委員は、この北朝鮮飛翔体発射事案が
起きました平成21年4月5日でありますが、
それに先立つ4日前に、本委員会において
現在先生が指摘されたところの問題について
質疑をされているところでございます。

今回の件に関しましては、官房長官の指示に
従い、現在、情報収集に万全を期しているところ
でございます。

御指摘のように、エムネットを活用するという
パターンと、それから地方公共団体に対する
迅速な情報提供、そのためにはJアラートを
使用するということが大変重要なポイントに
なってきていると思います。

委員の質疑においても十分議論を深めて
いただく中において、その後予算措置をして
システムの高度化を進めてきたところでございます。

現在、収集した情報を基に、今回の対応について
現在鋭意検討中でございますが、政府としては
関係省庁と連携しつつ、住民の方々への的確な
情報を提供できるよう、万全の対応を尽くしていく
所存でございます。

○吉川沙織君

3年前は、実は宇宙からの落下物ということで
使わないという答弁をされてしまいましたし、
当時は飛翔体という観念で全部対応されて
いましたので、今回鋭意検討していただくということ、

それから3年前から整備や高度化がかなり進んで
いるということも踏まえて御答弁をいただいたかと
思うのですが、ただ、断言はいただけませんでした
ので、別の観点から内閣官房にお伺いいたします。

仮にJアラートが鋭意検討中であるならば、3年前は
エムネットを使用して情報伝達を国から行っています。

今回は3年前にも使用したエムネットも使うという、
そういう解釈でよろしいですか。

○政府参考人(市橋保彦君

御指摘のように、平成21年4月の事案に際し
ましては、地方公共団体に対してエムネットによる
情報伝達を実施いたしたところでございまして、
今回につきましてもエムネットを使用するという
方向で検討しているところでございます。

○吉川沙織君

3年前の事案の際にも使用したエムネットは
使うという、そういう御答弁でございました。

ただ、前回、秋田と岩手の上空を飛んでいって
落下をしたんですけれども、前回の事案の際、
未整備団体が東北の県に実は残されていました。

今回もエムネットを整備するのは、多分飛んでいくと
予想される沖縄県の南西の方になると思いますけれども、
沖縄県の整備状況は41中35と伺っています。

残るところも措置をされるという、整備を
されるという、そういうことでよろしいですか。

○政府参考人(市橋保彦君

御指摘のように、沖縄県におきましては6町村に
おきましてまだエムネット未導入というふうな状況に
なってございますけれども、このエムネット、官邸
からの迅速かつ確実な地方公共団体への情報
伝達手段でございますし、また導入に当たりましても
特段の地方負担がない、さらには整備等の時間も
要さないということでございますので、今後、積極的に
導入を働きかけてまいりたいというふうに考えている
ところでございます。

○吉川沙織君

3年前の4月6日、発射された翌日の新聞の
幾つかに、エムネットもちょっと動かなかったと
いうような事案もありました。ただ、そのときの
教訓を踏まえて今訓練を重ねられているということも
伺っていますので、万全の体制をしいていただければと
思います。