第190通常国会/総務委員会(2016年3月24日)

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 質疑模様、上田NHK監査委員答弁

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 籾井NHK会長答弁、質疑模様

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 質疑模様、浜田NHK経営委員長答弁

3月24日の総務委員会は、公共放送に関する件として
質疑が設定され、2014年1月25日のNHK会長の就任
会見に端を発する公共放送を取り巻く混乱について、当時、
総務委員会の筆頭理事として幾度も質疑を重ねたことを
踏まえ、45分の質疑に立ちました。

視聴者・国民の代表として、公共放送が重大な局面に
あるとの認識の下、経産委員長として総務委員会を
離れていた期間に起こった不祥事等を含めて、個別の
事態についての確認を中心に質疑を行いました。

主な質疑内容

(1)公共放送を取り巻く混乱への対処
(2)NHK会長の言動等と放送法第73条との関係
(3)頻発する不祥事に関する経緯

概略

(1)について

2014年1月のNHK会長就任以後、国会承認事項であるNHK
予算案の全会一致の慣例が崩れてしまっています。参議院総務
委員会の附帯決議を本当に重く受け止めているのか等、予算案が
3年連続で全会一致とならないことに対する会長と経営委員長の
見解を質しました。

(2)について

放送法第73条において、NHKは業務遂行以外の目的に支出しては
ならないと規定されています。会長の私用目的のため、ハイヤー料金の
支払い、あるいは立替え払いはできませんし、これ以外に解釈の余地は
ありません。ところが、2016年3月24日、衆院総務委理事会に提出された
文書では、法令違反の行為であるにも関わらず、法令解釈捻じ曲げて
正当化しようとしたことについて、会長と監査委員に見解を質しました。

(3)について

NHKの土地取得にかかる一連の問題について、NHK子会社の
利益剰余金の額を確認することからはじめ、その活用法の在り方、
土地取得することのメリットとデメリット、放送法に抵触する手続きが
行われようとしていたのか否かの確認を会長等に行いました。
いずれにせよ、進んでいた手続きが突如として止まったこと、その
不自然さを時系列に辿りながら見解を質しました。

議事録一覧

45分の質疑内容について、参議院webページからそのまま引用しています。
大まかな項目ごとに分割してアップさせていただきました。ご覧頂ければ幸いです。