参議院本会議(2017年6月14日)

ページの下部に動画があります

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

議院運営委員会後に再開した本会議では、

議院運営委員会後に再開した本会議では、共謀罪法案の
委員会採決を省略し、本会議で直接採決するための議事
日程が数の力で追加されてしまいました。

従来から委員会中心主義をとっている参議院において、与党自ら
参議院の歴史を踏みにじり、委員会の存在意義を貶めるような
中間報告の動議はあってはならない議事運営です。この議事日程の
追加を容認した議院運営委員長に解任決議案を提出せざるを得ず、
筆頭発議者として本会議の趣旨説明に立ちました。

前年の12月14日の本会議に引き続き、発言時間の制限動議が与党から
出されたことはとても哀しいことであり、議員の基本的権能のひとつである
発言権について、安易に制限して欲しくありませんでした。

本会議前段の議院運営委員会での意見表明と同様、まさかの議事日程の
追加であり、中間報告部分に関しては全くのノー原稿となりましたが、議場に
着席する与野党議員の表情を見ながら、今回の中間報告動議が参議院の
歴史をいかに踏みにじるものであるのかを訴えました。

そして、その後は現政権が行政独裁であるということ、立法も司法も行政の
下に隷属する状態であること、本来そうであってはならないことを共謀罪法案を
中心に訴え、現政権に強く抗議し、趣旨説明としました。

議事録一覧

意見表明について、参議院webページからそのまま引用しています。
ご覧頂ければ幸いです。

議事録(PDF:517KB)
議院運営委員長解任決議案(趣旨説明)

動画

参議院本会議 第193回通常国会<議運委員長解任決議案 趣旨説明>