災害対策特別委員会(2018年7月6日)

災害対策特別委員会で質疑に立ちました。

災害対策に関する件として、6月18日に発生した大阪府北部を
震源とする地震に係る被害状況等について25分の質疑を行いました。

4月13日の防災担当大臣の所信に対する質疑、
6月6日の災害救助法改正案に対する質疑に引き続き、
質疑に臨みましたが、今回の大阪北部地震の発生日時が
月曜7時58分であったこと、発生場所が都市部であった
ことを踏まえた質疑としました。

都市部における地震災害で明らかになった課題等

について、これまで幾度も重ねてきた幾つかの観点
に絞って質疑に臨みました。

国民の身体、生命、財産を守るための防災対策に
資するよう、引き続き取り組みを進めてまいります。

[質疑項目(災害対策に関する件)]

1.帰宅困難者対策の在り方 [防災担当相、内閣府]
・帰宅困難者数について政府が把握している人数
・帰宅困難者数の把握方法
・平成27年3月「大規模地震の発生に伴う帰宅困難者対策のガイドライン」
・一時滞在施設の確保状況と今後の地震における開設状況

2.BCP(事業継続計画)の在り方 [防災担当相、内閣府]
・BCPの策定状況(中央省庁等、都道府県、市町村)
・企業におけるBCPの策定状況
・BCP再検討の必要性と課題

3.エレベーター閉じ込め対策 [国交省]
・地震時管制運転装置がない平成21年以前のエレベーター基数

添付ファイル