予算委員会で質疑(TV中継あり)

予算委員会で質疑に立ちました。

平成23年度政府予算案(3案)に対する
基本的質疑のため、総理以下、全閣僚出席
のもと、NHK総合テレビ中継入りで質疑を
行いました。

初質問をはじめとする質疑やリーマン・
ショック後の議員立法等を通じて、私自身が
強いこだわりを持っている若年者雇用問題
について、質疑に臨みました。

NHK中継入りだったこともあり、
視聴者の皆さまから多くの反響を頂きました。

国会初質問でも、若年者雇用問題を取り上げましたし、
2008年末の議員立法で発議者として提出した、
緊急雇用対策4法案(参院可決)でも内定取り消し
問題
に取り組みました。

〇若年者雇用対策
答弁大臣
[総理、厚労、文科、経産、総務、財務、内閣官房、行政刷新、国家戦略、社会保障・税一体改革]

(1) 「体感不安」解消のための予算案・関連法案であることの説明 [総理、国家戦略]
(2) 若年者雇用(新卒・既卒)に対する取り組み [総理、厚労]
(3) 省庁間連携の在り方 [厚労、経産、内閣官房]
(4) 若年者雇用に係る統計の在り方 [総理、厚労、文科]
(5) 政策評価の在り方 [総務、行政刷新]
(6) 若年者と年金、社会保障教育等の必要性 [厚労、文科、社会保障・税一体改革]
(7) 若年者雇用対策事業の在り方 [厚労]
(8) 就職活動の早期化・長期化問題 [総理、文科]
(9) 若年者雇用問題が国税・地方税収入等に与える影響 [総理、財務、総務]

詳細は、今後、国会質疑録にアップさせて
いただく予定ですが、取り急ぎ、委員会での
掲示資料とpdf版の議事録をアップいたします
ので、よろしければご覧ください。