議運筆頭理事の任を終えて

私、吉川さおりは2年務めた議院運営委員会
筆頭理事の任を、先日9月15日をもって無事に
終えることができました。

議運理事会 / 議運委員会 / 本会議

議院運営委員会は、本会議の議事設定に始まり、
参議院の運営すべてに関わる案件を協議する場です。

もちろん、どの委員会もそれぞれの役割があり、ひとつ
ひとつが重い責任を負っていることに相違ありませんが、
国会運営上、議院運営委員会の役割は突出していると
言って過言ではありません。

その議院運営委員会の筆頭理事を2年務めさせていただきました。

初当選以来、その責任の重さを理解していただけに、
2年前の議員総会で議運筆頭理事に指名されたときは
大きなプレッシャーを感じたことも事実です。

それでも2年、何とか無事にその任を務めることが
できたのは、本当に多くの方に支えていただいたからです。
特に、心と気概ある事務局の方々には、感謝の気持ちで
いっぱいです。心ある方に色んな意味で助けていただきました。

本当にありがとうございました。

また、議会人として、多くの気づきと学びに恵まれた2年でもありました。
この2年、国会法をはじめとする法規・先例を議員の中では
おそらく誰よりも勉強し、これらを尊重することに拘ってまいりました。

なぜなら、議運理事会でその議事設定を行う本会議は、
様々な法規・先例等に則って運営されているからです。

この数年、政略的配慮を優先し、法規・先例をないがしろに
する傾向が散見されますが、法規はもちろん、議会の先人の
知恵である先例は尊重すべきです。

議運筆頭理事として、2年目の通常国会最後、共謀罪
法案では委員会採決を省略し、本会議で直接採決する
中間報告を与党が選択したため徹夜国会となりましたが、
急きょの本会議登壇で、冒頭5~6分と最後は原稿の
ないまま臨みましたが、自然と法規・先例に触れていました。

私たち民進党・新緑風会は、参議院第二会派として
存在してはいますが、従前と比べると会派所属議員
数は格段に減ってしまっています。

私はこの現実を謙虚な姿勢で受け止めつつも、議事
運営や院の運営で筋を通すことを心がけてきました。

議運筆頭理事の任を終えるにあたり、幾つかの継続
協議案件を残していること等、議運理事会に少し心を
残しつつも、今後は院も党も一歩引いた立場から、国民
各層の多様な意見を反映するための充実した議論が
できる立法府をつくるべく、この2年の経験も活かしつつ、
私なりの努力を続けてまいります。

与野党各会派、各省庁をはじめとする議運理事会に
関係する全ての皆さま、そして参議院事務局の皆さま、
この2年大変お世話になり、誠にありがとうございました。

これからもご指導のほど、宜しくお願い申し上げます。

吉川さおり 拝